fc2ブログ
 

ニャンともワンとも 多摩

10月1(土)里親会開催!



夕方、庭に出ると金木犀の甘い香りと、裏のお家の夕飯の煮物?でしょうか…美味しそうな匂いが漂ってきました。

最近の二週間、飼い主のいない猫の避妊去勢手術や相談で2つの現場に同時に関わって
お外の猫一色の生活をしていたので、秋の夕暮れの金木犀の香りを吸い込んで少し我に返った気がしました。
その香りは一瞬日常の本来の私の生活に連れ戻してくれたようでした。(もちろん家に帰っても猫だらけの生活ではありますが)

猫の避妊去勢手術のために現場に行くと、生後6カ月くらいの子猫がいます。もちろんもう手術ができる月齢ではありますが
これから寒い冬を迎えるので、元の場所に戻すのがとても可哀想になります。

今回の一つの現場の、その子猫達もほぼ成猫の大きさに近く、全く慣れていません。

毎回、相談されるたびに慣れるかどうかもわからない成猫に近い猫を保護していて、里親さんもなかなか決まらずにいたら
あっという間に我が家はものすごい頭数になり、多頭崩壊を起こし家族に迷惑をかけてしまうかもしれません、、。

現場ではいつもそんな選択、決断をしています。

未来を見据えて、飼い主がいない猫達をサクサクと感情入れずに避妊去勢手術が出来る人になれたらどんなにいいかと思うのですが…。正直、弱い私はこんな活動に向いてないといつも思うのです

そしてもっと強くなりたいなあ...

そんな状況で…とストレスなのか何だか胃もムカムカしつつ...一応4月産まれの子猫4匹約1ヵ月間の猶予を設け
預かりボランティアさんにお願いしてトレーニングしてみる方向で一時的に保護しております。

ママ猫は手術した後も問題なくご飯を食べに来てくれてるらしいです。
もし期間中に慣れなかったら元のママがいる場所に返します。(その場所は餌やりさんからご飯もしっかり貰えますから。)






去勢手術をして、約1ヶ月のトレーニング期間を設けた春生まれの子猫↑





因みにこの二週間で保護した6頭の内、もう一つの現場の大人猫2匹は病院で腎臓病が判りその治療のため保護は決定です。






チャールズ 8歳くらいかな(保護して初日から甘えん坊なの決定






カミラ 10歳くらい(おとなしい穏やかな子です

と仮名付けました。

今、旬で覚えやすいでしょ


同じ現場のこの2匹はとっても慣れています

ゆっくり余生を過ごして欲しいという家族に迎えてもらったら、この2匹も幸福だと思います




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


今週も頑張って里親会開催します


10月1日土曜日 里親会開催











久しぶりに可愛いウミちゃんも参加予定です




ブログをご覧の皆様


飼い主のいない猫達が一匹でも多く暖かいお家に巡り逢えるように

そして新たな飼い主のいない猫が産まれてしまう事がないように

引き続き、ご協力と応援をよろしくお願いします


にゃんたま日野







スポンサーサイト



PageTop

ご支援をありがとうございます!





ジズちゃんとみんな好きすぎて困っちゃう
美味しい療養食のオルファクトリー

少し前にAmazon欲しいものリストより

療養食が送られてきました。

いつもは直接にメールやLINEでお礼申し上げるのですが
差出人様のお名前がなかったのでこちらのブログでお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました


感謝です






PageTop

9月24日(土)里親会開催



明け方、激しい雨の音と、あさりちゃんの重みで目が覚めました。






昨夜はブログを更新しなくてはと思いながら、お風呂も入らず化粧も落とさずにいつの間にかリビングで寝てしまってました。

化粧を落とさずに寝てると姪っ子なんかに言うと


「えー!絶対ありえないから!」

とそんな人世の中にいるの?それでも人間⁉️ぐらいの勢いで言われてしまいますが

はい…今日はちゃんと化粧落として寝たいと思います。お風呂は省略しましたが一つ念入りにした事があります。


ギャングのタイラを寝る前にケージに脱走しないように入れる事

最近、どうやらケージの閉め忘れではなく幾分不具合のケージから脱走することを覚えたようです。

タイラには夕飯を食べる時にすっ飛んで入るその幾分の不具合のお気に入りのケージに
お入り戴きそのまま引き戸にしっかりとワイヤーで止め閉めました。

一昨日はまた寝ている隙にケージから脱走して足の裏を血が出るまで引っ掛かれ 
はたまたその前の日は、タイラ率いる若い猫達の明け方の運動会で、仰向けに寝ていた私の口元に後ろ脚で踏み込みジャンプされて口の中が血だらけになる始末…。

こんな様子ですが寝ている時、猫の後ろ脚が口の中に入って起こされるなんか、そんな人は滅多にいないんだろうな…となんだか笑っちゃいました。そしてそのまままた二度寝しちゃいました

ワイヤーのおかげで昨夜は深夜に脱走を試みるタイラのガチャガチャと音を立てる音は聞こえましたが、もう開けられないぞっ!とフフッと笑ったあと、あさりが乗ってくるまでしっかり明け方まで安眠できました


そんなタイラですが





タイラ、一応絶賛里親募集中です






朝、伸び~した時のタイラ君



昨日は、依頼者さんが避妊去勢手術で捕獲した子猫と





私が餌やりのおじいさんと捕獲した子とその場所のノーマークの黒い子を病院に搬送しました。













それから

今週の日曜日偶然いつもお世話になっている動物病院で八雲とフジちゃんの里親のkさんに逢いました!





まぐちゃんが保護して間もない頃の八雲


kさん「時々、ブログ読んでますよ!」

とおっしゃってくださり、とても嬉しかったです

励みになります

これからも頑張りますありがとうございました



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



今週も世の中三連休でお出かけされる方が多いとは思いますが
きっと誰かは来てくれるはずと願い


9月24日土曜日里親会開催します






冬ちゃん





夏ちゃん

「夏はおしりぽんぽんが大好きで、冬は抱っこするとキュッと腕に抱きついてくるのがチャームポイントです」
保護主のSさんより







カズ達



他にも子猫が沢山参加予定です

みんな良いご縁がありますように


実はまたまた一気に保護が増えそうなんです


皆様のご支援ご協力をよろしくお願いします


にゃんたま日野







PageTop

ある公園の猫



行政依頼で、公園で怪我をしている猫を保護して欲しいとの話しは8月18日だったと思うのですが

その日に急遽、行政の2人と私と、ある昔ながらの商店に向かいました。
そこには餌やりさんの一人がお住まいでした。

昔ながらの佇まいに、様々な日用品がこじんまりと手作りぽい棚に少しずつ置かれていました。

餌やりさんは、81才の高齢のおばあちゃんでした。

行政の人が怪我した猫の話を聞きたいと訪ねると

「まあ、座んなさい。」

と,
おばあちゃんはすぐ目の前にある一列に種類の違う椅子が三脚並んでいて、そこに若干年季の入ったフカフカの座布団が乗ってる接客スペースに私たちを誘導しました。丁度ギリギリ3人が座れくらいです。
そうして私達がぎゅうぎゅうに一列に座ると
おばあちゃんは、商品の入った透明なガラスの冷蔵庫から栄養ドリンクを3本取り出し
おもむろに1本ずつは私達に配り始めました。そして、それだけではなく

「これ貰ったんだけど。」

と、卵10個入りを2つ取り出し、私達が3人だったので、私は卵はあるからとお気持ちだけで充分だと言ったのですが
それじゃ私が可哀想だからと




大きなカボチャをドカンと私の膝の上に置きました。

とてもカボチャも結構です...と断れないような雰囲気の中それから約3 ~40分でしょうか…。

行政の人は卵と栄養ドリンクを膝の上に、私は栄養ドリンクとかぼちゃを膝の上にと
おばあちゃんに色々お話しを聞く事ができました。



その猫は怪我ではなく皮膚病だということ。

他の人から薬ももらったがそれは皮膚病には効かない薬だったと言うこと。

去勢してあること。

1匹とても仲も良い子がいるので、2匹を離すとかわいそうだと言う事。

その皮膚病の猫は人懐っこいという事。もう1匹はオスで慣れてないという。

それから、一年前にあるボランティアさんに去勢手術をお願いしたという事。


そのあるボランティアさんが、私や行政の人が知ってるボランティアさんだったので、その日に連絡をとる事になりました。
そうして一時保護して病院に連れて行く事になりました。

おばあちゃんは、帰りぎわに言いました。

「治療費はいくらでも払うからなんとかあの子を治してやって下さい。お願いします。」

餌やりさんとの話し合いで、正直あまりいい思いをした事がない私はドキッとしました。

それではできるだけ早く救出しなくてはと思い、翌日には一年前に去勢手術をしたSさんと夕方現場に向かったのでした。

翌日の夕方、現場の公園で待っているその猫はやってきました。

元々人懐っこい猫なので、Sさんはサッとキャリーに入れる事が出来ました。





捕まえた直後↑

口からもヨダレが出ていて口腔内も良くないなと思いました…。

そしてその足で急いで病院に連れて行き改めて診察室で見た時に衝撃を受けました。





「これは治るまで相当時間がかかりますよ…。」

と診て下さった先生はいいました。

 


下の歯が上に食い込んでいました…。

左眼は全く視力がありません。

推定5、6歳くらいかな…。

一日入院して、Sさんと相談して治るまでSさんのシェルターのほうに一時的に保護しながら
治るまで通院するという事になりました。

今回は保護できて良かったです。

お外で暮らす猫は気ままに生きて、それが猫らしいと言う人はいると思いますが、餌やりさんが数人いてご飯にありつけていても
こんな風に多くの猫が病気や怪我や事故で無惨に死んでいるのが現実だと思います。


おばあちゃんは、ある心配をされてました。

「外の猫を全部避妊去勢したら猫がいなくなっちゃうんじゃないかね?」

私はすかさず

「おばあちゃん、うちの会では全部で50匹近く猫を保護してるんです。あとインターネットでも猫がいっぱい載ってて里親さんを探してる人が沢山いるんですよ。」

(心の声では、お願いだからもうお外に暮らす猫を増やさないで…。の気持ちがどうしても入ってしまいます。)

そしてもう一言念押しで

「猫沢山います。安心して下さい。」

というと、おばあちゃんは安堵されたようなお顔になりました。

おばあちゃんは、身体が重そうですがもう何年も雨が降る日も雪の日も公園まで猫達にご飯をあげに行くみたいです。

私にはそのような根気ある事はできません。

猫に対しての色々な考え方、人それぞれ愛情のかけ方がありますね。

このチャトラ君が治って、おばあちゃんに安心してもらえるといいなぁと思いました



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



相変わらず、にゃんたまメンバー色々な試練に遭遇していますが

一番の犠牲者は弱き者達なのでがんばっていこうと思います



取り急ぎですが



9月17日土曜日里親会開催します


引き続き皆様の応援をよろしくお願いいたします






PageTop

9月10日(土)里親会開催



天気が不安定な状況が続いてますね

今週は私は都合によりお休みさせていただきますが

今期も子猫は沢山いますので

9月10日土曜日

里親会開催します







真っ白兄妹 八雲 村雲 雲母







アン





カズ ジン


みんなとっても可愛い子達です

良いご縁がありますように


詳しくは

にゃんたま日野

をご覧ください。



PageTop