FC2ブログ
 

ニャンともワンとも 多摩

寄せ植え販売!


友人が、私達に資金がないのを知り、


新しい門出として、素敵な寄せ植えをバザー用に提供してくれました!







3000円↑






an>

3600円 ↑


秋まで楽しめるようになってます。


友人も沢山の猫を保護しているにも関わらず

応援してくれています!

また彼女の作るガーデニングのセンスが私は大好きです


限定2点

売り上げは保護された多くの猫達に使用させて頂きます。


4月7日土曜日の里親会に持っていきます!








スポンサーサイト

PageTop

にゃんたま(日野、八王子)新たな一歩



今までお世話になった会から離れ

この四月から

にゃんたま(日野、八王子)
にゃんたま日野
(ホームページはそのままです。)

として新たな一歩を踏み出していこうと思います。


約二年前に私のブログ

「ニャンともワンとも多摩」から、

私達が多くの犬猫を抱えて毎週疲れ顔で里親会を開いてるのを見兼ねて、

私がポッケさん達を助ける!

と超真面目でスーパー助っ人のまぐちゃんが



応援紹介ホームページ、タイトル略して、



にゃんたま日野 を作ってくれました。

そのおかげ様で飛躍的に里親さんが増えました!

また、まぐちゃんは自身のブログではよく怒ってますが、それもこれも本来は私達や犠牲になった犬猫の為。
(でも、言葉は柔らかめでお願いね。)

ありがとう!

これからもお世話になります!


そして、いままでも多くの里親さんを始め、
ベテランのボランティアさんの助力や、一緒に連日徹夜で子猫保護に付き合ってくれたYさん、または慣れない保護ねこの一時預かりをかって出てくれた友人のmさん、マキちゃんママ。親切接客で会場応対をしてくれるOさんなど様々な優しい人の力で命が繋がってます。

心から感謝です。



私はずっと以前

哲学者、神学者、音楽家、医師で、

 アフリカのランバレネで病院を設立し、その地で生涯医療に当たった

アルベルト シュバァイツアー博士の言葉に触れる機会がありました。


自分にとってどんな価値があるのかが問題ではない。

生命そのものが神聖なのである。

虫が灯りに集まり、羽を焦がして落ちるのを見るよりはむしろ窓を閉めて切って我慢する。

雨上がりの地面に這うミミズを見れば、太陽が照り着く前に湿地にもどればよいと気づかってやる。

これを人は感傷と呼ぶかもしれない。

しかし私は恐れない。

認められるまでは嘲笑される。

これは真理の常である。

私が「生命」というものの真の意味を見つけ出した土地、ランバレネ。

人は誰でも、自分のランバレネを持つ事ができる。

そして

人間とは生きようとする様々な生命にとりかこまれた

生きようとする生命である。



これらは私の身体に稲妻が走ったような衝撃な言葉でした。 

私も蚊や、ゴキブリがかなり苦手ではあり、突き詰めると生きていく上で矛盾を感じる事が多くあるでしょう。

偉大な博士のように生きる事はなかなか難しい…。

足元にも及ばない。

しかし、心のどこかで博士の言葉をそっと留めておきたい。

私の活動の根源はこの言葉が大きく関わっている気がします。

犬猫が猛烈に好きでそこだけ助かればいいとこだわってる訳ではないです。

ただ、動物のボランティアに関わる人が圧倒的に少ない。

ならば助けを必要としている動物達が沢山いる今の日本で、

または不幸な動物達をなんとかしたいと心痛めてる方々に

微力ではあるけど、少しは役にたてるように

今後、私の気力体力が続く限りではありますが頑張っていこうと思います。

引き続き、皆様のご支援、応援をよろしくお願いします。





1番最初に保護した迷い猫の今は亡き 黒天使 ペレ



仲良し ペレ ネスタ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



次のねこの里親会は

4月7日土曜日14時から17時まで 日野会場です



私達の心強い支援者であり、または里親のNさん作のイチゴ帽子を被った ちあき

可愛い








PageTop